キャメカノ

「綺麗に撮りたい」を叶えるブログ。情報やモノを紹介します。

カメラのISO感度とは?読み方やシーン別の設定の目安なども解説

カメラは人間の目と同じです。

光が無いと暗くて何も写らないし、光が多すぎるとまぶしくて写りづらい。

だからカメラに取り込む光の量ってとても大事なんです。

じゃあカメラのどの部分で光の量を調節するの?

それは、絞り・シャッタースピード・ISO感度の3つです。

 

 

今回はその3つの中でも、ISO感度について3分でわかりやすく解説します♪

この記事では

  • ISO感度とはなにか?
  • ISO感度を変えたときの写りかた
  • 感度を調節するときの注意点
  • どのタイミングで感度を調節したらいいのか?
  • ISO感度に関するQ&A

などを紹介します♪

 

 

これさえ見れば、ISO感度については大体わかります♪

そしてISO感度は明るさの調節だけじゃなく、画質にも影響しますのでかなり重要!

 

 

初心者を抜け出すために、ここでしっかり覚えていきましょう♪

ISO感度とは?

ISO感度

弱い光をどの程度まで撮影できるか?を表した数値です。

ISO感度が高いほど、弱い光(星や暗い場所)でもハッキリ撮ることができます♪

デジカメでは、光を電気信号に変えて写真にしますので、その電気信号を増幅させることで写真を明るくするしくみです。

 

 

ISO感度を変化させると次のような現象が起きます。

  • 暗い部分の明るさを変化させることができる
  • ノイズ(ざらつき)の量が変化する

 

 

また、ISO感度はこのような倍数で表されます。

ISO100,200,400,800,1600,3200,6400,12800,25600…

感度を上げるほど明るく写りますが、ノイズの量も多くなります。

逆に下げると、暗く写りますが、ノイズも少なくなります。

 

 

会話での使い方としては、

ISO感度を6400で撮りましょう!

とか

この写真はISO12800の高感度撮影ですよ~。

というような会話になります。

読み方はISO(イソアイエスオーアイソ)のどれかお好みで♪

大抵の人はイソかアイエスオーと読んでいるようです♪

 

 

では実際にISO感度を上げると、どう写るのか見ていきましょう♪

 

スポンサーリンク



 

 

ISO感度を上げると明るくなるがノイズ(ざらつき)が目立つ

ISO感度比較
出典:http://photo.yana3.com/?eid=23

テレビで心霊番組のような暗い場所で行なうロケのとき、砂嵐のようなざらざらした画質で写っていますよね?

もちろんそれは幽霊の仕業じゃなくて、ISO感度を高めている証拠なのです。そのため、ノイズ(ざらつき)が発生してしまうのですね。

上の写真でも感度を高くするほど星は明るく写りますが、山のノイズも目立つようになりますね。

 

 

拡大比較
出典:https://nekon-nyakon.com/iso

左が低感度、右が高感度の比較です。

スマホやPCではわかりづらいですが、印刷したり拡大すると、このようにもっと顕著に目立ちます。

 

 

明るくするためだけに画質が悪くなるって、正直デメリットが大きい気がするんだけど・・・。

まぁ、ISO感度を高めて生じるデメリットはあるものの、メリットはこの他にもあるんです♪

それは、ブレを間接的に抑えることです♪

 

 

次の見出しを見てみましょう!

ISO感度を調節するタイミングはいつ?

ISO感度は弱い光を撮影しやすくする機能だということは分かりました。

 

 

それも踏まえてまとめます。

ISO感度を調節するときは、

  • 明るく撮りたいと感じたとき
  • ブレを抑えたいと感じたとき(シャッタースピードをコントロールできるため)

大まかにこの2つです♪

 

 

明るく撮りたいときは感度を高くする。(ノイズが気にならない範囲で)

出典:http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13/

 

 

ブレさせたくない時は感度を高くし、シャッタースピードを早める。

出典:http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/13/

 

 

覚えておくと暗い場所やシーンでの撮影もこわくないですね♪

ISO感度の調節注意するポイント2つ

①感度を上げすぎるとノイズが発生する!

先ほどから書いていますが、感度を上げるとノイズが発生して画質が悪くなります。

カメラの液晶じゃ小さくて分かりませんが、プリントしたりPCで見てみるとノイズが気になる人も多いようです。

カメラの性能や撮影シーンで変わりますが、感度を上げるごとに、どの程度のノイズが発生するのかは知っておくといいと思います♪

 

 

②はじめに絞りとシャッタースピードを決めるべし!

適正露出(ちょうどいいと感じる明るさ)で撮るのが全ての大前提!

 

 

そのちょうどいい明るさの中で、ボケ味を表現したいのか?(絞りで調節)

そのちょうどいい明るさの中で、ブレを抑えたいのか?(シャッタースピードで調節)

この2つをはじめに決めることが大事です。

 

 

そして実際に撮影してみて、暗ければ感度を上げる。明るければ感度を下げる。

という手順が効率のいい、カメラ経験者の設定のしかたです♪

ISO感度に関するQ&A

シチュエーション別で目安になる設定値が知りたい

A. F値とシャッタースピードを決めて試し撮りし、明るすぎたり暗すぎたと感じたら、その都度ISO感度を変えるのが基本でありベストです。

 

 

それを念頭に置いて、紹介します♪

感度100(ノイズ少ない・明るい被写体やシーン)

  • 水が糸のように流れる滝
  • 花火

 

感度100~800ほど

  • 晴天の明るい野外
  • 曇天など少し明るい野外

 

感度800~3200ほど

  • 薄暗い室内
  • 雨天の少し暗い野外

 

感度3200~6400以上(ノイズ多い・ブレ軽減させたい時)

  • 星空撮影
  • 夜景
  • 暗い室内(BARなど)

あくまで目安です。F値やシャッタースピード・アナタの好みによって基準は千差万別です。

 

 

迷ったときはISO感度設定をオートにすると、カメラが自動で決めてくれますよ♪

ISO感度が設定できない・・・。

A.撮影AUTO(オート)設定では、ISO感度を好みで変えることができません。

カメラが複雑な設定を自動で行うため、ISO感度もカメラが勝手に決めちゃいます。

その場合、『M(マニュアル)モード』に切り替えることで解決するはずです♪

Mモード

 

 

A.デジイチなどのカメラの設定で『M(マニュアル)モード』にしていても、ISO感度設定がオートの場合があります。

設定をオートからオフにして手動で設定に変更しましょう♪

ISO感度設定
出典:http://kubogen.com/camera-photo-knowledge-006/

なぜ感度を高めるとノイズが発生するの?

A.弱い光と一緒に、目に見えなかったノイズまで写してまうからです。

それだけ強力に電気信号を増幅させているということですね♪

ノイズが目立つのが嫌なら、ノイズリダクション機能をつかうとよりキレイに写るはずです♪

まとめ

ここまで見てきて、いかがでしたか?

なんとなく分かったけど、もういちど復習したいな♪

分かりました。では次でまとめましょう!

 

 

ISO感度まとめ

  • ISO感度とは、弱い光をどこまで撮影できるかを表した数値。
  • ISO感度は、イソまたはアイエスオーと読まれている。
  • ISO感度を上げると、明るくなるがノイズが目立つ。
  • ISO感度を調節するタイミングは、①明るく撮影したいとき②ブレを抑えたいとき。
  • ISO感度を調節する前に、絞りとシャッタースピードを決めるとGood。
  • ISO感度が設定できないときは、M(マニュアルモード)にするか、ISO感度設定を手動に設定する。
  • ノイズが目立つ原因は、目に見えなかったノイズも増幅されるから。

今回はISO感度にフォーカスして紹介しましたが、これでもカメラの基礎の一部に過ぎません。

特に絞り・シャッタースピード・ISO感度については、算数の足し算くらい基本的だし重要で、真っ先に覚えなくちゃいけません!

たった3分でわかる|カメラの絞りとは?

 

 

他のカメラ用語もなるべく分かりやすく紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

 

 

この記事が皆さんのお役に立てたなら幸いです♪

 

 

スポンサーリンク



 

 

ここからコメントできます

*
*
* (公開されません)