キャメカノ

「綺麗に撮りたい」を叶えるブログ。情報やモノを紹介します。

保存だけが全てじゃない!?SDカードの損しない選び方3パターン

社会人になってからというもの、旅行や結婚式や子供の運動会など様々なイベントがあり、そのたび1回は必ずカメラをパシャリとしていることでしょう。

しかしそんな時・・・。

メモリー不足でこれ以上撮影できなくなっちゃった!

書き込みで時間がかかっている間にシャッターチャンスを逃した・・・。

そんな経験したくないですよね・・・。(もう経験済みの人もいるかも。)

 

 

至極当然ですが、たくさん保存できて、書き込みが速くて、故障しにくいメモリーカードが良いワケです!

 

 

ということでこの記事は、これからメモリーカードの購入を考えている人、または買い替えようと思っている人のために、

  • メモリーカードの種類
  • メモリーカードの損しない選び方3パターン
  • メモリーカードを買う前に気を付けるポイント
  • カメラをレンタルするならメモリーカードを単体で買っても( ・∀・)イイ!!

などを紹介します♪

 

さらに、wifi機能の付いた超便利なメモリーカードも紹介しちゃいますよっ♪

ではまず、その種類から見ていきましょう!

 

 

メモリーカードの主な4種類

①microSDカード

microSD

スマホや動画中心に撮影するアクションカムなどで普及しているのがmicroSDカードです。

その名のとおり、とても小さいサイズのメモリーカードです。アクションカムの代名詞『Go pro』でもmicroSDカードが使われています。

 

②SDカード

SD

ミラーレス一眼やデジイチの多くに使われているのがSDカードです。

後ほど記述していますが、容量の大きさによって『SD』『SDHC』『SDXC』と名前が変わります。(microSDも同様)

 

③コンパクトフラッシュ(CFカード)

CF

デジイチの中でも高級なカメラに使われることが多いのがCFカードです。

SDカードに比べて端子部分がプラスチックで保護されているので、耐久性・安全性が高いのが特徴です。

読み書き等の性能はSDカードより一回り上かな?という印象です。(SDカードの発展速度がすごいので差が縮まってきている感じ)

 

④Wi-Fi機能付きSDカード

wifiSD

SDカードにWi-Fi機能をつけるという型破りなSDカードです。

写真や動画はスマホで撮る時代。なのでカメラの影がだんだん薄くなっているんです。がんばれカメラ。

そこでWi-Fiを搭載することにより、SNSとの連携などが素早くできるようになりました。つまりスマホと共存できるように路線変更したんですね。すごいぞカメラ。

 

メモリーカードの損しない選び方3パターン

①写真・動画をたくさん撮りたいなら『大容量』メモリーカードがBEST!

128GB

大容量のメモリーカードをオススメしたいのはこんな人です♪

  • パソコンにデータをほとんど移さず、カメラ内で写真を見ることが多い。
  • 旅行などで写真を撮り過ぎちゃって、ついつい容量オーバーになっちゃう!
  • とにかく容量なんかにとらわれず、撮って撮って撮りまくりたい!

 

私も2泊3日で沖縄へ行ったとき、200枚以上撮影して容量オーバーになりかけました。まぁそれはiPhoneでしたが、容量の大きさって重要だなと思いました。笑

 

 

SDカードの容量が変わると、名称も変わっていきます。

容量 名称
8GB以下 SDカード
16GB・32GB SDHCカード
64GB・128GB・256GB SDXCカード

最近のカメラであればすべてのSDカードに対応していますが、もし不安なら、メーカーのサイトや価格.c〇mなどで調べてみましょう。

 

次に、大容量になるほど写真の保存枚数が増えたり、より長い時間の録画が可能になります。↓

上の表はあくまで目安ですが、購入の際の一助になれば幸いです♪

 

 

【amazon】

【楽天市場】

上記で紹介したSDカードメーカーは『Transcend(トランセンド)』です。

他のメーカーに比べてリーズナブルな価格で、さらに無期限保証がつくので万が一にも安心です。

私も128GBのSDカードを使っていますし、知らず知らずのうちに使っている人も実際多いはず。それくらい普及しています。

 

②長いロードにイライラしたくないなら『転送速度が速い』メモリーカードがBEST!

転送速度が速いメモリーカードをオススメしたいのはこんな人です♪

  • 連写撮影時の書き込みラグで、一瞬のシャッターチャンスを逃したくない!
  • 4K動画をスムーズに撮影したい!
  • パソコンへのデータ転送時間が長すぎるっ!

 

パソコンへの転送の長さはあるあるですね。旅行から帰ってきて自分のパソコンに写真や動画を転送したい時、予想以上のデータ量で数分は待たされます。(パソコンが古いのもあるかな?)

しかし、転送速度が速いメモリーカードを使えば、これらのイライラは解消されるでしょう♪

 

まず、ややこしい3つの速度の説明をしましょう♪

  • 書き込み速度:高画質な写真(RAWという)を連写撮影するとき、連写のスピードが遅くならずに済む。
  • 読み取り速度:カメラのデータをパソコンやスマホに転送するとき、早く終わる。
  • 転送速度:上の2つをまとめた呼び方。上の2つが同じ速度なら、転送速度として表記される。

 

つぎに、SDカード上での表記について説明しましょう♪

  • SDスピードクラス動画を保存するときの最低速度を表記。
  • UHSスピードクラスUHS対応カメラなら、SDスピードクラスより優先的に採用。

speedclass

次に肝心な転送の速さを見ていきましょう。もちろん、数値が大きいほど処理は速いです♪

SDスピードクラス データ転送速度
②(class2) 最低 2MB/秒
④(class4) 最低 4MB/秒
⑥(class6) 最低 6MB/秒
⑩(class10) 最低 10MB/秒

 

UHSスピードクラス データ転送速度
U1(UHS Speed Class1) 最低 10MB/秒
U3(UHS Speed Class3) 最低 30MB/秒

 

4K動画を撮る場合は、メモリーカードの処理が追いつかなくなる可能性が高いので、4K動画をスムーズに撮るなら、U3のメモリーカードを推奨します!

細かくいえば、『U1は〇』『U3は◎』といった印象ですね♪

 

 

【amazon】

【楽天市場】

ここで紹介したSDカードメーカーは『SanDisk(サンディスク)』です。

フラッシュメモリのシェアは世界1位。最も信頼できるブランドと言われているスゴイ会社。

しかし、海外メーカーなので保証のないものが多いですので保証を重視する人は要確認。(最も信頼できるメーカーですが。)

 

③万が一の故障を少なく!耐久性・安全性を求めるなら『CFカード』がBEST!

CFカード(コンパクトフラッシュ)をオススメしたいのはこんな人です♪

  • 過酷な状況で撮影するから、万が一に備えたい!
  • SDカードじゃイマイチ安全性・耐久性にに不安が・・・。
  • データが何かの拍子に消えるのだけは避けたい!

はい、耐久性や安全性を考えるとコンパクトフラッシュがBESTでしょう。SDカードをCFカードに変換するアダプタがありますので、少しでも不安要素をなくしたい人にはもってこいですね!

 

 

ただし、CFカード対応のカメラは10万円越えする高級機がほとんどです。

デジイチの高級機を持っているか、レンタルする予定があるなら購入を検討しましょう♪

 

 

【amazon】

【楽天市場】

ここでも紹介するのは『SanDisk(サンディスク)』です。

microSDからCFカードまで、性能もピンからキリまで何でもござれ。(シェア率世界1位はダテじゃない!)

もう一度言いますが、メーカー保証は要確認ですよ!

 

④撮った写真をすぐSNS共有したいなら『Wi-Fi付き』SDカードがBEST!

wireless

WifiSDカードをオススメしたいのはこんな人です♪

  • カメラで撮った写真をすぐSNSにアップしたい!

これがメインの使い方ですね。

SDカード自体がWi-fiになっていて、簡単に写真をスマホへ転送することができちゃいます!Wi-Fi機能がついていないカメラには、絶対に欲しいアイテムですね♪

 

 

メーカーやスマホの機種ごとに少し違いますが、おおまかな設定の流れはこのようになります↓

①あらかじめスマホにWi-Fi SD専用アプリをインストールしておく

②Wi-Fi SDカードを挿入してカメラを起動するとWi-Fiが飛ぶ

③スマホでWi-Fiの名前(SSID)を探し出して、初期設定パスワードを入力すると接続完了

④カメラで撮った写真が、スマホに表示されるのでダウンロードして保存する

⑤あとはSNSで共有したり、お好きなように♪

あくまで大まかなので、細かい部分についてはメーカーのサイトなどを調べてお間違えの無いように!

 

【amazon】

【楽天市場】

上記で紹介したWi-Fi SDメーカーは『東芝 FlashAir』です。

経営悪化で話題のTOSHIBAですが、国内メーカーで品質はピカイチ。このFlashAirは最大7台同時転送できちゃいます。イベントに最適。

また、読み出し速度 90MB/s、書き込み速度 70MB/sでU3にも対応というハイスペック。買わない手はないでしょう♪

 

 

使える範囲がグーンと広がる変換アダプタ!

最新のミラーレス一眼が欲しいけど、持ってるのはmicroSDだけ。SDカードを新しく買うしかないのかな・・・。

そんな時に便利なのが『変換アダプタ』です♪

これを使えばmicroSDカードをSDカードとして使うことができるので、ミラーレスのみならずどの最新カメラにも対応することができちゃいます!

 

 

 

さらに!SDカードをCFへ変化するアダプタもあるので、

SDカードは壊れないか心配・・・。耐久性が欲しい!

という場合でも、安心して撮影に集中できます♪

 

 

 

メモリーカードを買う前に気を付けるポイント

いざ高性能なメモリーカードを買ったとしても、カメラのほうが対応していなきゃ本末転倒。

例えば、SDカードしか対応していないカメラにSDXCのメモリーカードは使うことはできない!ということです。

カメラ 対応できるメモリーカード
SD対応カメラ SDカードのみ
SDHC対応カメラ SDHC・SDカード
SDXC対応カメラ SDXC・SDHC・SDカード

カメラを手に入れる前に、メーカーのホームページや価格〇comなどで詳しい仕様を調べましょう♪

 

 

メモリーカードだけ買えば、カメラをレンタルするときに大活躍!

『Rentio』『ReRe』『レンタル館』などのレンタル会社では、カメラとレンズが一緒にレンタルできますが、メモリーカードは別途レンタルが必要だったり、レンタルしていない所も多いです。

この記事で紹介したメモリーカードを用意してからカメラをレンタルすると、快適に撮影を楽しめます♪

 

この記事が皆様のお役に立てたなら幸いです♪

スポンサーリンク



 

 

ここからコメントできます

*
*
* (公開されません)